スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月11日12日琵琶湖

8月11日

◆本日の琵琶湖

天気予報 晴れ

気温 21~35℃

水温 28.1℃(安曇川沖)

水温 29.6℃(唐橋)

水位 ー31cm

前日降水量 0mm

放流 29m³/s

風 北寄り 2~5m(大津)

昨夜の冷え込みで水温少し降下、水位は-30cm越え、当分雨も見込めそうもない状況

8月12日

◆本日の琵琶湖

天気予報 晴れ

気温 22~35℃

水温 28.3℃(安曇川沖)

水温 29.7℃(唐橋)

水位 ー32cm

前日降水量 0mm

放流 29m³/s

風 南東 6m(大津)

水が停滞していて、おかっぱりには厳しい状況、今日は1日南東の強めの風、水温は安定。

今回はとてもとてもロングな釣行となりました。お盆で人も多そうなので新規ポイント開拓が目的。

ノープランで挑もうとしていた所、同行してくださったワラサさんがめぼしいポイントを調べて下さってました。

まずは先日行った北のポイントから!

1投目から釣るワラサさん、指を加えて見てる僕。相変わらず早いわこの人www

キャスでたまにお会いするぷーたりんさんもいらっしゃったのでご挨拶。早速釣っている様子!

バイトの無い中ようやく一本出たよ安心!

その後移動!本題の新規ポイントへ

また1投目で掛けるワラサさん。しかもいいサイズ!惜しくもばらすがここは期待できそうだ!水深やウィードを調べつつ粘ることに。

早速僕も一匹、今日は横の動きがいいらしい

しかしここから二人とも当たりが止まる。

ここで少し違うところを狙ってみる事に!1投目…ファーストフォールから底を感じつつチョンとワンアクションいれると……

コツンと小さな当たり。そしてゆっくり動き出す……

あわせると一気に鳴り出すドラグ!なんだコイか!?と思わせるくらい引く!

なんとか突っ込みに耐え、ゆっくり寄せてくるが跳ねさせたらヤバイ!と思い、少し潜らせぎみにしようと思った途端

急に動かなくなる魚体、これは何かに潜られた!微妙にまだ魚の感触が残ってるのを確認してたら動き出した!よっしゃと思ってすぐに引っ張る!すぐに同じのに潜られる!まじかwww

今度こそダメだと思ったがまた待つ。今度は中々出てこない…やばいやばいと思いながら切ろうかと引っ張ってみるが惜しくなって緩めたその時!またドラグ出しながら引き出す!今度は潜られまいと浮かす!そしてこの時泣きそうな顔になってたみたいですwww

その後暴れながらもワラサさんにランディングしてもらいましたが、ネットに入った瞬間60行った!と思ったそうです。

その魚がこちら。

なんと自己記録タイの53センチ。琵琶湖は甘くないようです。

しかしいい魚…何度見てもいい魚…こんなの釣っちゃったらまた行きたくなるでしょ…

この後頭が真っ白になってとにかく胃が痛かったのしか覚えてませんがかなり挙動不審だったようで…御迷惑をおかけしました…。

その後は二人ともチビのバイトしか無くなります。しかもバイト自体も少ない。

朝マズメの時間になり、ようやくポツポツとボイルが出てきたところで!

連続ゲット!どのバスもコロコロ太ってて良く引いてくれました。

完全に明るくなったらやはりここもチビの活性が急にあがる。ここで他のポイントも見て回ります。やはり北は水が綺麗だ…

お昼前になりご飯を食べ、お風呂やさんで仮眠。夜に備えます。

もちろん今晩も昨日のポイントへ!

22時頃から入ります。早速1投目で釣るワラサさん。集中している…

しかし、今日はおかしい。元々少なかったバイトが今日は無い。皆無…

まだ早いのかと思いながら投げ続けるが全く無い。それでも昨日のパターンで一本絞り出す事に成功。

良く引きましたが、なんか昨日のバスとは違う…お腹どこ行った!?

おっさん二人で流星群見つつワラサキャスしながらポイントを休ませていると急に背後に人の気配!何故かグイグイ割り込んで来ます。

ワラサさんのタックルがあるところを通ろうとするので注意しますが狙って居るところで始めようとします。流石に退いてもらいますが一声かけろよと…

そのご事件は起きました……

僕の竿を踏まれて折られるwwwマジか…買ったばかりなのに…昨日53上げたのに…

ショックでしばらく釣りどころじゃありませんでした…

結局その後も大した釣果もあげられず朝になってチビを何本かあげて帰路につきました。

隅であろうと竿を横にしていた僕も悪いんですが、夜は特に挨拶、近くのポイントでやる際は声かけ、ライト等の装備はキチンとしてほしいですね。その人ライトの電池が無くて明かりも無い状態でした…。

余計なトラブルを起こさない事が一番重要だと再認識しました。

そんなこんなで、長い長い釣り旅行は終了です。

半分寝かけていたのに帰りに喫茶店で3時間くらい話し込んだのは内緒ですwww

8月3日 琵琶湖

◆本日の琵琶湖

天気予報 晴時々曇

気温 25~35℃

水温 27.4℃(安曇川沖)

水温 30.1℃(唐橋)

水位 ー22cm

前日降水量 0.2mm

放流 21m³/s

風 北寄り 4~5m(大津)

放流21?謎の微増、夜にはベタ凪へ、水位下降でシャローはまず状況確認をw


本日は関東からはるばるキートンさんがいらっしゃっているとの事でまずはご挨拶に

バスヤンさん、ワラサさんもだいぶおまたせしてしまって申し訳なかったです!

かなり待たせてしまったせいか挨拶もそこそこにポイントへ散らばるww

バスヤンさん、キートンさん、キートンさんの先輩が北側へ行くとの事だったのでそれならと最近よく入っている南側へ


ポイント到着すると先行者1名、声かけて少しお話をし、奥を撃たせていただきました。

するとすぐにきたのがこいつ

状況はあんまり変わってないようでバイトが少ない…足元も漂着ウィードだらけになってました。

その後奥へ進んでいき、沖目を狙っていると

DSC_0097_R.jpg

39!こもさんのサンキューキャンペーンにエントリー!今日の目標のひとつ達成ww

放置でもぐもぐしてました。

ただ、この時水面を照らして驚愕…岸べったりがアオコだらけ…

釣れるのもチビばかり…多分この後5匹くらいは釣ってたと思います。

これはいかんとワラサさんと移動することに。


2カ所目は少し遠くへ移動、初場所になります。

先行者1名ですが到着と同時に帰っていきました。


ワラサさんとまずは沖を探ります…探っていきますが何もないwww

小さいバイトはコツコツあります。と、ここでワラサさんが空中でバスを釣るwww

なんなんだこの人はwww爆笑して眠気が飛びましたwww


少し真剣に探っていくと

DSC_0102_R.jpg

中々体高のある36!抜こうと思ったら重くてドラグズルズル出てった…

僕はこの1匹のみで夜明けを迎えることに


日が出てからは相変わらずのチビしか居ない雰囲気。これはどこも同じなのか

沖狙いへ戻りちょこちょこキャロで釣り上げます。

DSC_0103_R.jpg

こんなサイズばっかりね!


ここでもうそろそろ限界だったのでもう一箇所行こうとしていたところへ移動

トップが良さそうと聞いていたところへ

ボイル撃ちしたりで

DSC_0104_R.jpg DSC_0106_R.jpg DSC_0105_R.jpg

ポンポンポンと3匹追加

流石に限界で1時間寝たあと寝ているワラサさんとお別れし

キャロがやりたくて元居た場所へ

暑すぎだったので膝まで裸足で入水しやはり30無いくらいと遊んで終了しました。


今回も残念ながら40アップは出なかったけど、まぁまぁ楽しめました!


が…欲を言えばやはりでかいのが欲しかったですね。

7月20日 琵琶湖

◆本日の琵琶湖

天気予報 晴れ

気温 21~32℃

水温 25.9℃(安曇川沖)

水温 28.2℃(唐橋)

水位 ー21cm

前日降水量 0mm

放流 15m³/s

風 北寄り 3~5m(大津)

放流量一気に減少流れ止まりました。ポイントが一気に沖へ移行!?暑さ対策を万全に!


今回は新しいリールを手に入れたのでどうしても使いたくて出撃!

手に入れたリールはSS SV103HL 14ポンド100m前後巻け、軽いリールで探しておりました。

左巻きは使いにくいのですが、これから慣れてみようかと思うので思い切って購入!

ドラグが弱いと言われていたけど特に気にする程では無いかと思いました。


本日もいつもの時間にいつもの南湖東岸から

火曜日の昼前に放水量を確認したら前日まで150㎥から一気に15㎥まで下がり、一気に流れが無くなった琵琶湖。周辺のポイントの調子も悪いから期待はしないほうがいいと言われてましたが前回があるのでちょっと甘く見ていた…


到着していつもいつも狙うパラアシ周辺、ウィード無し!いつになったら生えてくるんでしょうね…

岸沿い狙いに変え1投目!20cmくらいのバスが釣れてました。8インチよく食ったな…

その後どんどん奥に進もうかと思ったんですが、とにかく足場が悪いのと魚の雰囲気が感じられなかったので最奥まで進む前に撤収


その後ワラサさんと合流、ポイント移動!前回悔しい思いをした場所へ

…が!前回とは違い雰囲気が悪い。小さい魚のアタリも極端に少ない。前回熱かった場所へ投げるが何もない。しばらく粘るが全くなのでワラサさんが遠投で狙うと1投目で1匹釣り上げる!次も食わせるがバラシ。

その後ワラサさんは帰り朝までやろうと流していきますがトップで乗らなかったのが1本、後は小さいバイトがあるのみ。

明るくなると小さい魚の活性は極端にあがるみたいです。


その後少し移動し探りますがこちらの方が水が悪い!ただ、沖にはウィードがびっしり!ちょっと心も折れてきたので子バス狙いで狙っていくと…

このサイズが入れ食いwww

まさに1投1匹!!たくさん釣って疲れたので休憩…


車で寝てたら携帯が鳴ったので起きると窓から変な人に覗かれている!?

琵琶湖に出ると聞いていたこーじさんでした。恐ろしく暑い中釣りにでられるとの事だったので1時間だけ一緒に入ることに。しかし途中までの道のりが暑い…ヒップウェーダーの僕でもこんなに暑いのに全身黒でチェストハイ着てるこーじさん凄いわwww

入水して涼みつつ1匹釣ってこーじさんを裏切り昼食タイム

こんなサイズでした。


昼食後バスヤンさんがもう琵琶湖に到着してるとのことだったので、ご挨拶に。

以前一度暗闇ですれ違っているのですが、きちんとお会いするのは今回が初めて

しかも妻の神対応で晩まで時間もらえた!


まだ暑い時間だったので腕を真っ赤にしたこーじさん、ワラサさんを交え駐車場でお話し

暗くなるまでそこで釣りをし1本、1バラシ

このサイズでも上げるのがきついww


その後いい時間になったのでバスヤンさん、ワラサさんと3人で移動!3人でそれぞれ40アップ目標で釣り始めます

先頭は僕、2番手バスヤンさん、3番手ワラサさんの順で進みます。

当然一番釣る確率が高いのは僕!後ろからのプレッシャーが凄いです…


しかし前日と同じく状況はよくない…アタリが少ないです。

最奥までギルのバイトのみ。奥では少し魚が跳ねている!

が、中々釣れない…流石に焦りがでてきます。

少しとまっていた風がまた吹き始めた所でなんとか1匹

残念40ならず!!!


その後は散々撃つんですがギルしか当たらない…

そうこうしてる間に後追いのバスヤンさんが到着

僕が投げてギルしか当たらなかった所で50アップをすぐに!!

その前にも何匹か釣り上げている様子。食わせるのが上手いわ…


その後ワラサさんも到着し、時間が無いので戻り

バスヤンさんは釣り上げていたようですが、僕は小さいバイトがあっただけ。

ヘロヘロになり帰宅しました…


今回は状況が悪く、難しいと言われている中で、正直仕方ないかという気持ちがありましたが

目の前であれだけ釣っているところを見てしまうと、甘かったんだな…と思いました。

いつもの事なんですが、ただなんとなく投げてる事が多かった…

少しでも気を抜くとなんとなくになってしまっているので、気にしてるんですが中々難しいですね。特に集中力が欠けていると…今後の課題です。

7月5日 琵琶湖

◆本日の琵琶湖
 天気予報 曇時々晴
 気温 24~32℃
 水温 24.4(安曇川沖)
 水温 26.1℃(唐橋)
 水位 ー14cm
 前日降水量 10.7mm
 放流 120m³/s
 風 西⇒北⇒東 3~4m(大津)
 水温26度越え風は穏やかな条件ですが、昼間は少し暑すぎるかも・・・
@BASSYAN000

4日23時頃から6日0時半頃までのロング釣行

まずはいつものポイントへ、風は無風。前回よりも少し増水
入口すぐの北側、南側を探るもウィード無し、まだ生えてないのか…

気を取り直して入水後トップ投げるも無反応なのですぐにルアーチェンジ、デス6ゆっくり引いて石に当たったら跳ねさせているとすぐにコツンというバイト
DSC_9944.jpg
上がってきたのは30後半、元気なバスちゃんでした。
とりあえず1本でたのでまたトップにチェンジ!今度はチューンしたポンパドールの調整も兼ねて。
少し投げては羽の調整したがやはり今日はトップじゃない気がする…前回は同じような状況でも雰囲気あったのになぁ。
すぐにルアーチェンジ、シャッドテールで中層探るが何もなし。今日は底なのか?
そのまま奥までいきましたが小バスかギルのバイトはあるものの乗るようなサイズのバイト無し。
帰りはサクサク行きたかったのでスピナベ巻いてましたがノーバイトこの間も風は無し。蒸し暑い…

ツイキャスも落ち着きもともと行こうと思っていたポイントへ移動しようか話していると寝る寝る詐欺をしていた方から許可下りたので異動届け出してそこじゃない別ポイントへ

ついて早々いいアタリ!手前まで寄せてバラす…。続いて岸沿い狙いでほんの少し進んだところでまたバラす…
その後奥まで行くのに1バラシ、最奥異常なし!戻りに1バイト…バラす。同じところへもうワンキャストしすぐにバイト!今度は十分持っていかせて…
DSC_9946.jpg 
45位!ファイト中2,3度追い合わせいれたのが良かったのかがっつりかかってました。
が…その後ワンキャストで更にでかいのを掛けるもバラシ…
最初の時点でミスに気づいていたらここまでの悲劇もこれからの悲劇も起こらなかったのかもしれないのに…。何かミスがあったら原因は何かすぐに考えないといけませんね。

思ったよりこのポイントで時間をかけてしまったのでそろそろ東の空が色づいてきてる。もうひとつ入りたいところがあったので急ぎ気味で戻るのに豆バドを投げつつ進む事に、小バスのバイトはあるが全て乗らなかったのでそのまま移動

3つ目、最近調子が良さそうな所
既に空は明るくなりつつちょっと遅すぎたかな?という感じ、とにかく全てチェックしたかったので急いで進む。中ほどまで進んだところで
DSC_9948.jpg
40位の1匹、ボートの前で釣ってやったので少し気持ちいい
ここから後は何もなし。やはり明るくなると急にサイズが入れ替わる…

その後少し動いて皆さんよく行く場所へ2,3時間釣りしてたが1バイトあっただけでアタリ無し。
少し休み、ゲリラ豪雨&風で雰囲気変わった所で
DSC_9951.jpg
DSC_9953.jpg
DSC_9954.jpg
3本立て続けに。ただその後あたりも無し。暗くなりライトも無く移動しようと思っていた所でワラサさんが、今日仕事終わったし少し出ようかな~。とww
じゃあご一緒します!wと移動移動

しばらく仕事が忙しく釣りに行けてないワラサさんに釣ってもらいたいと思っていたので先行してくださいと言ったがお断りされ何故か逆にワラサガイドを受ける事に
ただこれ、すごく勉強になりました。
あそこにああ投げてと言うのでその通り数投したが小さい1バイトのみ
その間に後ろで投げて釣ってるワラサさん
ちょっと投げてもらおうと場所変わった1投目に50アップ釣り上げるワラサさんwww2投しかしてませんけどこの人wwww
ただ、アクションから取り込みまで一連の動作をすぐ近くで見られたのは何度かご一緒させてもらってる中で初めてかな?もっとオラオラのゴリゴリなのかと思ってましたが真逆でとてもしなやかで柔らかい動き。(ワラサさんごめんなさいw)
取り込みも全然焦らずこっちがバレるんじゃないかと焦る始末
全部自然にしてるから何も特別な風に見えないんだけど話を聞くとなるほどなと思えることばかり
勉強になりました!!!


と、まだ本命のポイントまで入ってない!風も出てきてポイント聞いてそこを撃ち、バイト!元気にドンドン持っていく。ギルだろーと思ってたんですがギルはそんなもっていかへんで!と言われてたので一応合わせる!あがってきたのは一応バスだけど20センチ切るようなバス。よくデス6の針かかったな…

その後本命その2へ投げ
DSC_9955.jpg
30後半かな?そのくらいを1本
凄いわこの人のポイントは…

その後アタリも遠のき雨雲っぽいものも出てきたのでだらだら戻っていると今までと違う風が吹いてきたので急遽さっきのところへ戻って一投目、ゴンッっとでかいアタリと同時に凄い勢いで沖へ持って行かれる!!その時点で焦ってしまい即アワセ!一応乗った?何とか手前まで寄せた所でまたバラす。バシャバシャ!といった後で「あぁ!…」という声が少し離れた風上に居るワラサさんまで聞こえたそうです…
これ完全に今日のラスイチだろういうタイミングだっただけになんと不甲斐ない…今年一番悔しい…
原因はフックサイズ…ゲイプが浅くフックが出ない。原因はこれだけではないかもしれないが改善点がひとつでも見つかってよかった。それと、他の人の釣りを間近で見れるのはとても勉強になる。
上手い人の釣りはもちろんだと思うけど、考えている人の釣り。これはとても勉強になる。今回帰り道にキャスで話す時間ができてよかったと思う。ほぼ聞いてるだけだったけど。
中々平日なのでご一緒できる人は少ないと思うけど、そんな機会があれば是非ご一緒させていただきたい!!

6月15日琵琶湖

南湖東岸

◆本日の琵琶湖
天気予報 曇時々晴
気温 21~31℃
水温 21.7℃(安曇川沖)
水温 24.2℃(唐橋)
水位 ー18cm
前日降水量 0.1mm
放流220m³/s
風 南東⇒東南東 4~6m(大津)
流れ始めて数日経ち、シャローの釣果が少し上がりだしている感じです!

琵琶湖到着からいつもとは違うポイントへ
先日の雨で放水量が急に増え、ツイッターではみなさんソワソワしてるご様子

とりあえず風もないのでトリプルインパクトを巻き巻きからスタート
2投目いきなりチビが食ってくるが抜きあげて写真撮ろうと思ったところでフック外れた…
気を取り直し投げていくと数投目で40位のが出る!乗る!ばれる!(涙
このあたりからちょっと嫌な予感がしだす…
その後も出るんだが乗らなかったり、フォローのテキサスでばれたりで結局折り返し地点まで。
今考えるとここまでが今日の時合でした。

帰りは何も起こらずいつもの釣りをしていればよかったと後悔

その後ワラサさんと合流、石のポイントが風もあたっていていいのではないかと読み、二人で流しに
少し流した所で風向きが悪くとても釣りにならない状態
ワラサさんに先頭を譲っていただき、ここでも1本ばらした後、何とか35くらいのを釣り上げる。やはりデス6・・・

釣った後にワラサさんに先頭交代、しかし何やってるか解らず早々に撤退

その後いつものポイントに入り直すもアタリがあるのは子バスかギル。このあたりから辺りが明るくなり出す。
奥まで行くが二人ともまともなアタリが一つもない状況
こちらもそのまま撤退

時間も時間なので巻かれポイントで巻かれようと移動、遠投を繰り返すがアタリ無し。手前は子バス地獄・・・なんとかもう1匹と思い手前を狙うが反応のいい魚ワームのジャークではのらないサイズばかり。
何本か乗ったがバラす。ここでは2,3本挙げたが写真撮ったのは1枚だけ

その後反応も無く人も増えてきたので移動、悔しかったので朝ダメだったいつもの所へ
色々試してみるがこの時間はやっぱり弱い。完全にポイントの選択ミス

途中ミノーで子バスを何本か拾い帰りに雷魚見て癒されてました。


その後矢橋にも立ち寄るが気力も無くぐったりと帰路につきました。


今回はやることなすこと全て空回りしていた気がする。あとやはり時合は大事。折角の時合でもルアー選択間違えるとこんな結果に・・・
釣り人目線ではなく魚目線に合わせたルアーセレクト、ポイントセレクトをもう一度肝に銘じて次こそは!!!
中の人

ハチ

Author:ハチ
関西在住
バスフィッシングを主としたブログです。
浅い知識を少しでも深く掘り下げようと思い自身の記録用にブログ作りました!
サイズ狙いより数釣りメインのセコセコ日記です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。